前へ
次へ

同じ面積の土地でも価格が変わることがある

元々大きな住宅などが建てられていた土地が売りに出されていました。きれいに2分の1になるように分けられ、どちらも同じ面積になっています。一方は角地になっていてもう一方は隣に住宅があります。つまり将来的には2つの住宅に挟まれる形になります。一般的に角地は高めに設定されることが多いです。角地は車の出し入れのしやすさや隣との関係があるので比較的住みやすいとされます。ただそれだけではないので注意が必要です。それは建ぺい率と呼ばれる数値です。敷地に対してどれくらいの広さのところに建物が建てられるかを定めた率です。その他容積率は土地に対する延べ床面積の割合を示した率です。隣り合う土地だと建ぺい率や容積率は同じの可能性もあります。ただ防火地域や準防火地域だと条件が変わるときもあります。角地にある土地の方がより広い住宅を建てられる可能性があります。広さだけではなく、どんな条件で建物が建てられるのかなどをしっかり見ておく必要があるでしょう。

Page Top