前へ
次へ

間取りの自由さを取るか耐震性を取るか

マンションだとすでに間取りが決まっています。一戸建てでも建売なら一応間取りが決まっています。ただ建物によっては必ずしもその間取りのまま住まなくてはいけないわけではありません。室内の壁などを取り外せるときがあり、狭い部屋をつなげて広い部屋として使える時があります。住宅を作るとき、一般的には木造軸組工法が取られます。在来工法とも呼ばれ、よく見る木造住宅の大半はこの立て方になります。基礎の上に柱を組んでいき、柱と柱の間に壁を入れます。柱で支えられているので、壁を取り払ったとしても住宅の強度はほとんど変わりません。木造の中にはツーバイフォー工法と呼ばれる工法で建てる方法があります。海外で考え出された方法で、箱状の部屋を並べたり積み重ねるようにして建てます。その部屋自体で一定の強度があるので、地震でも倒壊しにくくなります。ただ壁をぶち抜いたりはできないので、間取りの変更は難しくなります。どちらもメリットとデメリットを持っています。

Page Top