前へ
次へ

太陽光発電装置の設置は何月を元に計算するか

生活をするのに電気が欠かせないですが、通常は電力会社から電気の供給を受けて利用します。電力会社から安定して電気が得られれば問題ありませんが、電力会社が発電をするにはガスや石油などのエネルギーが必要になります。地域によっては発電力に問題が生じる時もあるようです。住宅を新たに建てる時、検討したいのが太陽光発電装置の設置です。屋根の上に設置をすると、それによって日中の電力を賄えるようになります。使わない電気を売電する制度などもあるので、電気代の節約につながるかもしれません。では何月の日照量などを基準にするとよいかです。1年で最も発電する時期を考えると良いでしょうが、5月が最も発電しやすいとされています。昼間が長いのは6月ですが6月や7月は梅雨の影響もありあまり日照時間が長くありません。8月は暑すぎるために発電効率が低くなります。5月は日照時間も長く、暑さもそれほど強くないので効率的に発電ができるようです。

Page Top